建築士が営む古民家相談 古材問屋 建築士が営む古民家相談 古材問屋
建築士が営む古民家相談 古材問屋のお問い合わせ 建築士が営む古民家相談 古材問屋のお問い合わせ

古材問屋について

こころがけ

<知恵の遺産…古民家>

私たち古材問屋が古民家と関わる動機、それは【守りたい】という思いにつきます。
先祖から連綿と受け継いで来た建物。日本国中で今までどれだけ多くの日本古来の古民家が無くなっていったことでしょう。高度成長期以来、現代の生活様式のニーズには合わないという考えで、解体され、更地の上に現代工法でコンクリート造りのマンションや家屋を量産して来ました。
ただここに来て、産業の発展だけが必ずしも人の心や生活を潤してくれるものではないと考える人も増えて来ています。都会化された生活スタイルにはない魅力が、田舎の風景や、古民家にはあります。
私は、建築士として長年建築物の設計施工に携わって来ました。当初は現代工法を疑いもなく信じ、建築の仕事をしてきた私自身が、古民家と出会い、またその成り立ちや過去の人の生活に根付いた工法などを知れば知るほど、古民家には守らなければいけない我々祖先が長年かけて失敗を重ね試行錯誤してたどり着いた【生活の知恵】があることに気づきました。

●どうして屋根瓦はあんなに重いのか?
●どうして天井の大きな梁はあんなに太くて曲がっているのか?
●どうして釘を使わずに木組みで作ってあるのか?
古民家に関する疑問はすべてに明晰な回答が用意されていました。
それは、我々祖先が長年学習して来た結果得ることができた貴重な【知恵の遺産】でした。

この様な思いから、できる限り1軒でも多く、古民家を残したいと活動しています。

経済的、社会的な事情から不本意ながらも手放さなくてなくてはならなくなった施主様のご意見を伺い、できることなら存続できる方法をご提案し、もしそうでない選択肢を取らなければならない場合でも、なんとか古民家の記憶が失せない様なお手伝いができましたら幸いだと考えています。

古材問屋
代表
明木 哲生

古材を販売します

回収した古材・古具の販売サイト

<古民家は古来から循環型
古材問屋はSDGsを支援しています。>

古来、日本では民家を再築する時に、使える材料を盛んに再利用する文化がありました。いうなれば、古い家がまるごと新しい家の建築材料となります。

柱や梁は解体し、次の場所でも柱や梁として使われます。長年にわたって暗黙知の様に伝わってきた寸法や木組みの規格統一がされているのです。そのおかげで次の場所でもそのままもしくは少し調整しても、古い材料が使えるのです。

また、壁などは赤土とスサわらをすき込んだもので、
解体の際に一度崩しますが、再度水を加えて新しいスサわらをスキこむことで、新しい家の壁として生まれ変わります。その工程に新しく必要なのは、人力と水とわらだけです。電気やプラスチックや石油などは必要ありません。

古民家はその様にして、大昔から伝わって来たもので、ほぼ自然にある材料とエネルギーだけを使って再構築を繰り返して来ました。
まさに現代の循環型社会の一つのモデルがここにあったのではないかと考えます。

古材問屋のSDGs

古民家のお悩みはぜひご連絡ください。

建築士が営む古民家相談 古材問屋建築士が営む古民家相談 古材問屋