建築士が営む古民家相談 古材問屋 建築士が営む古民家相談 古材問屋
建築士が営む古民家相談 古材問屋のお問い合わせ 建築士が営む古民家相談 古材問屋のお問い合わせ

古材・古具の販売

室町時代の柱がよみがえる

<古材とは?>

古民家の柱や梁などの構造材です。良質な古材は、昭和以前、植林が盛んに行われる前に伐採された原生林の材木で、松、ヒノキ、杉、欅、様々な材料が使われていますが、松、ヒノキは、800年以上強度が増すと言われているので、古来より建築材として「使いまわし」が行われており、古材問屋には室町時代の材木も少なくありません。身の詰まった原生林の木で、しかも100年の自然乾燥材は、材種を問わず、ある意味完璧な木材料といえると思います。ぜひ、カンナをかけて見てください。艶のあるなんとも言えない木目が、私達を虜にさせてしまいます。

<手刻みで加工して現場へ納品>

ハウスメーカーで規格化された住宅が主流となっているので、昔ながらのノミやカンナを使って、材木を削る職人が極端に減ってきました。きれいなアーチをした古材を使いたくても、工務店さんがやってくれない。そんな場合は、古材問屋にお任せください!
 熟練の職人の手刻みによる、当社工場での古材プレカットを施して、現場に配送いたします。

<古材を生き返らせます。>

「古材といえばボロボロのものばかり。」
とおっしゃる方もいらっしゃいますが、どの材料も、磨いて塗装を施せば、雑誌に載っているような立派な木に変身します。当店ではベンガラ、アマニ油、柿渋など昔ながらの材料を使い分け、古色塗りで仕上げます。 古材は元々、無添加な材料なので、オイルステンなど、溶剤を使った塗料は使いません。

<DIYで古材磨き。教えます>

人件費が一番高いので、当店での加工はそれなりに費用がかかります。
「予算が厳しい!」
そんなときは、DIYで、ぜひ古材を磨いてみてください。古材磨きは、実はとっても簡単です♪
古材問屋がお手ほどきをいたしますので、お子様でも大丈夫です。皆さん夢中になって楽しみながら、自分の好みに仕上げています。きっと身の回りにある古いものを磨いてみたくなるはず!?
古いものを大切にしていきましょう。
※木材の加工は、当店でお買い上げのものに限ります。

古民家のお悩みはぜひご連絡ください。

建築士が営む古民家相談 古材問屋建築士が営む古民家相談 古材問屋